TOP

乳腺外科ヨシダクリニック
乳がん検診

マンモグラフィー検査

マンモグラフィーとは乳房専用のX線撮影のことです。乳房はやわらかい組織でできているため、検査には専用のX線撮影装置を使用します。

乳がんをはじめ、乳房にできる病気を見つけることができます。
マンモグラフィーの優れた所は、乳がんの初期症状の1つ、石灰化を写し出すことができるため、『しこり』として触れないような、ごく早期の乳がんも発見することが可能です。

マンモグラフィーは過去のフィルムやデータと比較することが容易であるため、定期的な検診にも適しています。

適している方

  • 概ね30歳以上の方
  • 乳房が大きく深部まで超音波が届かない方
  • 閉経後で乳腺が萎縮し、その代わりに乳房の多くが脂肪に置き換わっている方

デメリット

  • X線を用いた検査ですので放射線被ばくのリスクがあります。ただし放射線の線量は大変低いため大きな心配はありません。
  • 個人差があるのですが、検査時に痛みを伴う方がいらっしゃいます。

検査技師と検査装置
当クリニックではその痛みや不安を少しでも軽減するために、検査装置の選定や検査室の内装にもこだわっております。 また当クリニックでは検査技師が検査室内にとどまり、受診者さまのすぐそばで撮影いたしますので、安心して検査を受けていただけます。


超音波エコー検査

超音波診断装置を使用し、乳房(主に乳腺)の状態を調べます。
マンモグラフィーと比べ、X線を使用しませんので、放射線被ばくの心配はありません。また乳房の圧迫も必要ないため、検査時に痛みを伴うこともありません。
一般的には、脂肪が少なく、乳腺組織が密な傾向にある30歳未満の方に適した検査と考えられています。

当クリニックでは、より精度の高い検診のためにマンモグラフィーとの併用をお勧めします。

超音波エコー検査装置

当クリニックの超音波エコー検査装置はエラストグラフィー搭載です。

エラストグラフィーとは、超音波で『しこりの硬さ』を画像化する技術です。 乳がんの組織は硬く、良性の病変は柔らかい傾向にあることがわかっています。 超音波により得られた情報から腫瘍組織の硬さを判断し、乳がんかどうかを推定します。

※当クリニックではエラストグラフィー搭載の超音波エコー検査装置を2台導入しており、検査時の待ち時間を短縮いたします。

06-6711-0370